専業主婦 今すぐお金を借りたい

専業主婦で今すぐお金を借りたいならこの方法!

この記事の内容
この記事では、以下の内容をご紹介しております。

 

  • 専業主婦でもお金を借りれる3つの選択肢
  • 大手消費者金融カードローンは専業主婦利用不可の理由

 

結論から言うと、

1.専業主婦がお金を借りる選択肢は以下の3つ
・銀行カードローン
・中小消費者金融の配偶者貸付
・クレジットカードのキャッシング枠

 

2.大手消費者金融では貸金業法上の総量規制のルールがあるために本人に収入のない専業主婦は利用できない

ということになります。

 

詳細については記事本文をご覧下さい。

 

専業主婦でもお金を借りれる3つの選択肢

お金を借りてきちんと返済して行くためには、それ相応の返済能力が求められます。そのため、自分自身に収入のない専業主婦はどうしてもお金を借りるための選択肢が限られてしまいます。

 

現実的には、専業主婦がお金を借りるには、以下のような選択肢をとることになります。

  1. 銀行カードローン
  2. 中小消費者金融のは配偶者貸付
  3. クレジットカードのキャッシング枠

銀行カードローン

後述のとおり、専業主婦は本人に収入がないため、貸金業法上の総量規制のルールにひっかかるので貸金業法上の貸金業者である大手消費者金融のカードローンではお金を借りることができません。

 

しかし、カードローンを取り扱っているのは何も消費者金融だけではありません。カードローンには貸金業法上の総量規制にひっかからない銀行の取り扱うものもあるのです。

 

銀行カードローンでは配偶者に収入があれば、専業主婦でも利用できるケースもあります。銀行カードローンは低金利が魅力ですが、審査が厳しい傾向があるうえ、審査に時間がかかります。最短でも数日程度はかかるため、残念ながら即日融資でお金を借りるというわけにはいきません。

 

銀行カードローンの申込み必要書類

銀行カードローンに申し込むためには、原則として以下の書類が必要にあります。

  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)
  • 収入証明書・納税証明書

ただし、希望借入額が50万円以下のときには収入証明書は基本的に不要です。専業主婦の場合、限度額は通常30〜50万円程度になるので通常は収入証明書は求められません。

 

中小消費者金融の配偶者貸付

消費者金融と言えばアコムやプロミスなどといった大手消費者金融が有名ですが、消費者金融にはそれ以外にも中小規模のものがあります。

 

中小規模の消費者金融の中には、大手では実施していない『配偶者貸付』により専業主婦にお金を貸しているところがあります。配偶者貸付では、『本人と配偶者の年収を合計した金額の3分の1』を限度としてお金を貸してもらえます。

 

この配偶者貸付を利用すれば、大手消費者金融では自らに収入がないため借りられない専業主婦もお金を借りることができるのです。なお、多少なりとも審査は厳しくなる傾向にあります。

 

配偶者貸付の申込み必要書類

配偶者貸付による借入を申し込むときには以下の書類を提出します。

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係を証明する書類(住民票、戸籍抄本)
  • 収入証明書類(※原則として借入希望額が50万円を超えるときのみ)

上記の通り、用意しなければいけない書類が多く少し複雑になります。配偶者の同意書が必要ですので、旦那さんに内緒でバレずにお金を借りる訳にはいきません。

 

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードには、普段買い物の支払いに使っているショッピング枠のほかに、借入に利用できるキャッシング枠が付属するものがあります。キャッシング機能のあるクレジットカードを持っていれば、今すぐコンビ二ATMなどでお金を借りることができます。

 

本人に収入のない専業主婦が、今から新しくキャッシング枠つきのクレジットカードを作ろうと思っても難しいかもしれません。しかしながら、独身時代や結婚後の在職期間中に作っていたクレジットカードにキャッシング枠が付与されているなら利用できます。

 

この方法は、専業主婦が今すぐお金を借りるためには、一番てっとり早い方法になり得ます。ただし、デメリットとして以下のようなことがあるので頭に置いておいて下さい。

  • 金利が高い
  • 繰り上げ返済しても支払い総額は減少しない
  • キャッシング枠を使ったらショッピング枠も減る

大手消費者金融カードローンは専業主婦利用不可

先述の通り、自分自身に収入がない専業主婦はプロミス・アコム等の大手消費者金融は利用できません。その理由は、貸金業法に規制される消費者金融には貸金業法上の「総量規制」のルールがあるからです。

 

「総量規制」というのは、消費者金融等の貸金業者は年収の3分の1を超える貸付ができません。(※総量規制には返済能力を超える過剰な貸付を防止し債務者を保護するという目的があります。)

 

専業主婦は、自分自身に収入がないため、年収の3分の1という要件を満たすことができないので基本的にお金が借りられないのです。(ただし、中小消費者金融の中には、配偶者の年収と合算して「年収の3分の1」を計算して貸付る『配偶者貸付』を実施しているところもあります。)

 

また、同じカードローンでも、消費者金融でなく銀行系のものであれば専業主婦でも利用可能なケースがあります。

 

ユーザーおすすめランキング【※即日融資対応】

カードレス

★プロミスの基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結なら申込みから実際にお金を借りるまでの手続き全てネットで完結可能です。手続きをすすめていく途中で、不明なことがあればオペレータースタッフに電話で親切にに教えてもらえるので安心です。女性オペレーターが対応するプロミスレディースも男女問わず人気です。

↓※女性・男性どちらでも利用可能です↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\30日間利息0円♪即日借りるならプロミスで!/

最短即日

★アコムの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
『はじめてのアコム♪』のCMでも身近なアコムは知名度抜群です。しかも、大手金融グループ(SMBCグループ)の一員なので信頼性も高く安心して利用できます。最短即日借入可能なので、お金を初めて借りるという方はもちろん、急ぎでお金を借りたい方にもオススメです。
\30日間利息ゼロ円!最短60分融資/

LPバナー 200x200

★新生フィナンシャル レイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申し込み後、最短15秒で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
\Webからの申込みで最短60分でのご融資が可能!/

LPバナー 200x200

★SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申込曜日・時間帯により翌日以降の取り扱いになることもあります。

\30代以上の方に特によく利用されています/
page top